学資ローン 選び方

学資ローンを選ぶとき注意すべき点などをいくつかご紹介しております。ぜひ参考にしてください。

自分の子供にきちんとした教育をつけさせたいというのは親の願いですが、資金不足の場合は学資ローンが役に立ちます。
どのような点に注意をして、学資ローンを選ぶといいものなのでしょうか。
重要なのは金利です。学資ローンはたくさんありますが、金利の上限と下限を把握して大体の相場を知りましょう。
金利の種類もポイントです。固定金利か、変動金利かで、将来的な金利が左右されます。
固定金利にすれば、今後の返済にかかる金利を想定しておくことができます。
変動金利は金利が変わる恐れがありますので、長期間は難しいでしょう。
最初のうちは金利が低くても、年月が経過すると段々と金利が上がってくる可能性があるのが、変動金利のネックといえます。
借入金をどのくらいに設定すべきなのか、見通しを立ててから学資ローンを選んでください。
担保を使えばかなり大口融資も見込めますが、そうでなければ民間の学資ローンの場合は300万円〜500万円の融資を受けるという形が一般的だと言われています。
借り入れ期間もきちんと計算することです。学資ローンは、どうやって返済するかも大事です。
学資ローンを利用する時には、わからないことはあらかじめつぶしておきましょう。
元金据え置き期間はあるか、親子間の返済は引き継げるかなどです。
繰上げ返済についてや、各種の手数料についてなど、学資ローンで知っておきたいことはたくさんあります。
学資ローンを使って学校に通い出す前に、公的な金融機関やその活動内容についてはある程度理解しておくことが大事です。



HOME:借金返済シュミレーションで無料診断