住宅ローン 固定金利

固定金利型の住宅ローン返済について見ていきましょう。


家を購入するときに住宅ローンを組む人がほとんどですが、ローンを組むときに固定金利を選択する人もいるでしょう。
固定金利型のローンは、経済情勢などで上下する金利にとらわれずにローンを返済したいような人に向いています。
バブル崩壊以来金利は低いままで推移していますが、将来ずっと低いままでいるわけもありません。
金利が上がるのと収入が上がるのには直接関係はありませんから、金利だけが上がって毎月の返済額が増え、大変になるのではという心配はもっともです。
固定金利の場合は、金利が高くなる傾向がありますが、月々の支払いを軽減するためにボーナス払いを組み込む方法もあります。
ただし、住宅ローンの返済にあてるボーナス払いの度合いが大きいというのにも問題があります。
ボーナスが減ってしまったりした時に返済がきつくなるためです。
ボーナスは繰り上げ返済などに充てることを考えたほうが無難だといえます。
固定金利でローンを組んだ方がよい場合もあります。
返済すべき金額が大きい場合や、ローンの定期的な見直しをするのが面倒な場合、子供の教育費がかさむような場合などです。
借り入れ年数の長いローン(返済期間30年以上のものなど)の場合などにも向いています。
月々のローン返済で無理をしたくない人や、金利動向に一喜一憂したくないと考えている人であれば、固定金利型が向いています。
今はまだわからなくても、今後金利が上昇して支払いが困難になる心配のある人は、長期固定金利を選び安全にローン返済をすることを選択しましょう。



ホーム:借金返済シュミレーションで無料診断