住宅ローン 金利

住宅ローンは利用する際、自分に合った返済ができるか、条件などを良く考えて選びましょう。


ローンを利用してマイホームの購入をするのが一般的ですが、そのとき借りるローンについては計画的に返済をしていく必要があります。
自分にとって正しい住宅ローンをしっかりと選んで返済していくことが大切です。
自分に合った住宅ローンとは、生活のスタイルや性格などに合った住宅ローンであるかどうかです。
若いうちに返済の多くを終わらせるために、低い金利を利用したいと考えるような人もいるのではないでしょうか。
低い金利で住宅ローンを借り入れしたいのであれば、変動金利の商品で住宅ローンを組むようにすることです。
将来、金利は上がることは十分に予測されますが、中国などの新興国のように急激に金利が上がることは、まず無いでしょう。
そういう意味では、変動金利型のローンをむやみに恐れなくとも大丈夫です。
さらに、住宅ローンの頭金ですが、バブルの頃であれば2割が相場などと言われていました。
金利の水準が半分になっている今は、ローンの借入金額が増えても金利が少ないので、毎月の返済額は少なくて済みます頭金を貯めているうちに金利が上がってしまう、というようなことになるかもしれません。
今からローンの頭金を貯めるのであれば、逆に今すぐローンを組んでしまって返済をしていった方が安上がりかもしれないのです。
バブル期とは違って金利が安いので、頭金を用意するのではなくできるだけ早くローンを組み、それで家を建てつつローンを返済する方がリーズナブルです。
もし今買わず10年後に買うと10年間の家賃が加算され、ローン返済が終わる年齢も10年先送りとなってしまいますので、早めに住宅の購入を検討したほうが良いでしょう。



ホーム:借金返済シュミレーションで無料診断