ビジネスローン

ビジネスローンについての特徴や種類などをご説明いたします。

ビジネスローンを扱っている金融機関は、大きく分けると銀行系とノンバンク系とがあります。
銀行系のビジネスローンは低金利で13%〜18%、利用限度額も大口の傾向があります。
申し込みの際には、審査や手続きなどに時間がかかります。
また、提出するべき書類が多い傾向もあります。
銀行系のビジネスローンのメリットともいえるところは、審査など時間がかかり、しっかりしている分、大口の融資を受けることができます。
一方、ノンバンク系のほうは、金利が24%〜29%と比較的高めで、銀行系と比べると小口の融資になります。
そのかわり、審査にはあまり時間がかかりませんし、手続きも窓口でしなくてもいい場合もあります。緊急性の高い資金の調達には重宝するタイプのビジネスローンと言えるでしょう。
ビジネスローンは四種類の融資のパターンがあります。
担保融資、無担保融資、売掛債権担保融資、商業手形割引です。
担保融資は担保が必要で、無担保融資は必要としないローンです。
売掛債権担保融資というのは、企業が所有する売掛債権を担保として使います。
売掛金を現金化することができる融資の受け方です。
商業手形割引は決済時に受け取った受取手形を金融機関に裏書譲渡し手形を換金するというビジネスローンです。いわゆる、手形を担保にしたビジネスローンと言えます。



トップページ:借金返済シュミレーションで無料診断