ローン 試算

これからローンの試算をしてみたいと言う人には、ライフプランと呼ばれるものがおすすめです。


表に、今後25年、もしくは30年の家族の予定などを書き込んだものです。ライフプランで考えるのは、車の買い替え、子供の学費、結婚、生活費、旅行、レジャーなどの予定です。すべてを合わせた費用など、生活していくうえで必要な、必要と思われる費用を先に計算してみる事です。
5年後は子供が中学校入学が予定していて、公立か私立によって学費が違います。
私立を選択すると費用がいくら、年末は家族で海外旅行を予定と言う風に、予定としては年と月ごとに予定出費をざっと書いていくと良いでしょう。
必要と思われる費用が最終的にどのくらいになるか計算します。
大よそいくらぐらいまでなら月の返済金額を設定しても大丈夫かどうかが、ライフプランと一緒にローンの試算をすると見えてくるようになります。
あくまでも予定であるライフプランなので、返済が難しいという場合には、ライフプランの修正をおすすめします。
そもそものローンの借入額を修正するなどもすれば、ローンの借り入れが無理のない形で出来るのではないでしょうか。
住宅ローンの支払いと言うものは、20年や30年といった長い期間に渡って続くものだといえます。
大切なのは、家族のライフプランと一緒にしてローンを試算していくことではないでしょうか。
実際にローンの試算をする場合には、話し合いを家族のライフプランについてするのが良いでしょう。



トップページ:借金返済シュミレーションで無料診断