民事再生

民事再生というのは、大幅に元本を減らし、借金返済が可能な手続きで、多くの額が免除されます。

さらに、数年で分割返済という形で、完済してゆく手続きのことを言います。
民事再生には、もっと消費者向けの個人再生と給与所得等再生もあります。
一個人の債務整理の場合は、一般的には個人再生です。

民事再生は全額が免除されるというわけではありませんが、上限で8割の免除が可能です。
但し住宅ローンなどがある場合は免除の対象外になります。

民事再生のメリットとしては、まず、マイホームなどがある場合はローン中も含めて、手放すことなく所有したままで適用されます。
(自己破産の場合は売却されてしまいます)
また、債権者から同意をもらいやすいというメリットもあります。
これは、債権側も、応じなかった場合、あとは負債する側には自己破産しか残っていませんので、そうなってしまうと債権者は1円も回収が出来なくなります。
ですから、返済してもらう額は減ってしまっても、まだ回収できる民事再生に同意しておいた方が債権者にとってもいいということです。

また、利息の一部だけを下げて減額される任意整理に比べると、民事再生は元本の減額も対象になりますので、
特に借金の額が多い場合には、任意整理よりも民事再生のほうがメリットがあります。

逆に民事再生にもデメリットはあります。
まず政府が発行している、官報と呼ばれる出版物に名前が掲載されます。
もし金融機関や、保険会社などに勤務している場合は、勤務先に借金があることを知られてしまう可能性があります。
また、民事再生の場合、養育費や、住宅ローン、税金、罰金、加害による損害賠償義務などは免除の対象外です。
100万円以下の借金も免除が出来ません。

そういった事情をよく把握したうえで、民事再生は自分に適切なのか否かの判断をすることが賢明と言えるでしょう。

ただ、法律にある程度詳しくないと、なかなか個人での判断も難しいと思います。
一度弁護士などに相談されるか、あるいはその前に借金返済シュミレーションなどで、
今の自らの状況を調べてみるのもよいでしょう。

↓今すぐ下記より借金無料診断ツールで、シュミレーションしてみる!↓

借金カフェ 無料診断シュミレーション





TOP:借金返済シュミレーションで無料診断