民事再生

民事再生で借金減額返済する場合のメリットとデメリットはどういったことか?


民事再生という手段は住宅ローン等も含む多重債務に陥っている方を念頭において住宅を維持しながら経済的に再建するための債務圧縮の選択肢として平成12年11月に適用されるようになった制度です。
民事再生は、破産手続きとは違い免責不許可となる要件はないので、投機などで借りたのであっても申請は取れますし自己破産が理由で業務できなくなるような業界で生計を立てているような場合でも制度の利用が可能です。
破産手続きでは、住んでいるマンションを保有したままにするわけにはいきませんし、他の債務処理方法では借金した元金は払っていく必要がありますので、住宅のローンを含めて支払うことは難しいでしょう。
ただし、民事再生による手続きを選択できれば住宅のローンを除く負債額はかなりの負債を圧縮することも可能なため、余裕を持ちつつマンション等のローンを支払いながらそのほかの債務を払っていくことができるということです。
ただし、民事再生は任意整理または特定調停等と違って一定の借り入れだけを切り取って処理していくことは無理ですし破産申告の場合のように元金が消えてしまうわけではありません。
他の選択肢と比べて若干簡単には進まず負担もかかりますので、住宅ローンを組んでおり住宅を維持したいような状況以外で、破産手続き等のそれ以外の選択肢がない際における限定された方法と考えるのがいいと思います。


TOP: 借金返済シュミレーションで無料診断