借金 時効

借金には時効があります。ただしいろいろな条件が揃ってそれは、はじめて成立します。
どのような場合に、借金は時効になるのか?どれぐらいの年数で時効になるのか?
などをお伝えいたします!


借金の時効は実際あります。金融業者からの場合、5年です。
個人からの場合は10年です。

ただし、そのまま支払わずに時を待てばいいというわけではありません。
一定の条件を満たした場合にのみ借金の時効は成立します。

よく金融業者から催促が来ても、時効になるまで無視して、放置しておくという例を耳にしますが、貸した側(債権者)が、借りた側(債務者)に対して督促状を送るなど、意思表示を行えば、その時点から時効の中断といって、時効が延長される形になります。

例え夜逃げなどをして、姿をくらましても、債権者が、公示送達による訴訟を裁判所に提起すれば、時効は10年止まることになります。
もちろん返済義務が残ります。
債権者が時効中断の手続きを取り続ければ、時効は成立しないのです。
それどころか、詐欺罪として刑事告訴される可能性もないとは言えません。

ただ、きちんとした手続きと、条件を満たすことが出来れば、借金返済の義務から開放される場合があります。
もし、時効が難しくても、返済額を減らせる可能性はあります。

今の自分はどうなのか?時効にできるのか?あるいは減らせるか?

これらを ただ、自分で把握したり、実際手続きなどどうすればいいのかというのは、たくさんの知識が必要なのでなかなかわからないと思います。
ですので、そんなときは、法律のプロ、弁護士などに依頼すれば、すぐにわかるでしょう。
しかし、そう気軽に相談するのも最初躊躇するかもしれませんね。

そこで、そんなときは、まずは、匿名で無料診断できるシュミレーターで、あなたの借金がどれぐらい減額ができるかなどを調べてみることができます。
意外に減らせるケースが多いものです。
5つの質問に答えるだけの簡単シュミレーションですので、まずは一度診断されてみてはいかがでしょうか?

↓今すぐ下記より借金無料診断ツールで、シュミレーションしてみる!↓

街角法律相談所無料シュミレーター


借金返済無料シュミレーション



ホーム:借金返済シュミレーションで無料診断